美容整形外科でのプチ整形の種類と現代女性のニーズ

プチ整形は昔の様にメスを使った外科手術を伴う物をイメージしますが、現在女性のニーズの多様化から、短時間で施術が出来、長期的な手術後の効果が得られる物が主流になっております。そんな女性の様様々なニーズに答える為にプチ整形も様々な種類が生まれてきております。その中から女性のニーズが高い代表的なプチ整形「ヒアルロン酸注入」「ボトックス注入」「糸による施術」について調べて見ました。先ずヒアルロン酸注入ですが、美肌成分であるヒアルロン酸をお肌に直接注入する方法です。施術にはメスを使わず注射針を使用しますので、術後の後はほとんど気になりません。又、施術時間もヒアルロン酸の注入量にもよりますが、5分から30分位で終了します。ヒアルロン酸を注入する事でお肌のしわやたるみを解消する事が出来ますが、ヒアルロン酸は徐々に身体に吸収されてしまうと言う特徴がある事から、継続的にヒアルロン酸の注入を行う事が必要になります。次にボトックス注入法ですが、これはボツリヌス菌から毒素を除いた成分を、筋肉に少量注入する事で、特定の筋肉の働きを抑制してくれます。その為、顔面のしわやたるみ、エラの解消やふくらはぎ等の痩身に効果が期待できます。最後に糸による施術ですが、特に代表的な物にはまぶたの整形等が挙げられます。二重まぶたに憧れている女性が良く行うプチ整形で、目を開ける時に動く筋肉とまぶたの所の皮膚を糸でつなぎ、目を開ける時に皮膚が引っ張られる事によって、二重を形成する仕組みになっております。この施術も比較的簡単でお手軽にできますが、施術後にまぶたに腫れがでる場合が有ります。1週間から2週間程度で腫れは解消できます。女性は昔も今も、いかにも整形しましたと言う事は望みません。ごく自然に、いつの間にか、気が付いたら綺麗になっていたと言う事を望んでおりますので、短時間で簡単に受けられるプチ整形はそんな女性のニーズをがっちり掴んでいます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です